[HOME] [プロフィール] [植田博之SESSION] [WORKS] [機材紹介] [ベース教室] [デジカメ日記] [サウンドファイル] [スケジュール] [夜話]


ご挨拶

植田博之

このたびは、植田博之公式サイトを訪れて頂き、ありがとうございます。

いきなりですが、私は手先は器用でも、生き方はどうもそうではないようです。
ベースの音に魅せられ、ベースという楽器を手にして以来、ずっと音楽とベースばかりで今日までやって来ました。
10代で初めてベースを手にしてから気が付けばもう、32年が経ってしまいました。
プロベーシスト、それもセッション稼業で生きて行くというのは、楽な道のりではなかったし、これからもその試練は続いて行くわけですが、辛いと感じたことは一度もありません。
それだけ私は音楽とベースに魅せられ続けているという事なのでしょう。
早い話が、「ベース馬鹿」なのです。

セッションミュージシャンは、基本的に一匹狼であり、孤独な職業だと言われます。
ゆえに、プレッシャー、重圧との戦いを余儀なくされる場面もしばしばです。
こんな世界でこの心の強くない私がなぜ、今日までクジけずにやって来られたのかは、わかりません。
たぶん私は、音楽の神様に心を奪われてしまっているのでしょう。
その証拠にいまだに私は夢を追いつつけています。

そして、ファンの方々の声援に支えられ、多くの音楽仲間、仕事仲間の方々に支えられ、家族親戚友人たちにも支えられ、八百万の神々にも支えられ、天国にいる両親にも支えられて、今日の植田博之があるのだと思っています。

これからもずっと、腕を磨き、感性を磨き、そして少しでも多くの方に、良い音楽を届けることが出来れば幸せです。

感謝をこめて。