◆◆ 調剤薬局で役に立つ節約話し ◆◆

● 調剤薬局において

ブログ内にも書いて有りますが、病院に行く機会が多くなり、そのあとに必ず立ち寄る
調剤薬局で役に立つ話です。

大きな病院になるほど待ち時間が多くなり、30分〜2時間待たされるのは当たり前!

更にそのあと、薬局で医師からも聞かされた説明を再度聞かされて、
大切な時間を無駄に過ごしているとは思いませんか?

そんな時は 処方箋を渡した時に、「説明不要です」 と言いましょう。

あるテレビの放送を見て知ったのですが、患者に対しての説明や薬の写真入りの
説明書きをもらうだけでお金が余計に取られているのです。

すべての調剤薬局がそうとは限りませんが、私が行った数か所の調剤薬局では
同じ薬をもらうのに、薬を手渡される時間も短くなり、毎回200円前後は安くなりました。

 

更に、初めて行った薬局では「お薬手帳」なるものも有料だったりしています。

調剤薬局は「それで食べている」とも聞き、薬局に対しては申し訳ないとは思いますが、
病院代だけでも馬鹿にならないので、私はこの手法で節約しています。



 もし、「説明不要です」と伝えて嫌な顔をされるような薬局があったなら、
 そんな薬局には行かない方がいいと思います。

 
 僕は幸いにしてそんな薬局には遭遇しておらず、どこの薬局でも
 「はい解かりました〜」 と笑顔で言ってくれてます。 内心まではわかりませんが・・^^;


  検索エンジンから直接このページに来られた方は、ライブカメラも有る
  トップページからどうぞ!→
 http://home.k03.itscom.net/rarecs/index.html