◆◆ レース好きだった頃はミニF1でストレス解消! ◆◆


本田技研や中島悟氏が日本のF1を盛り上げてくれていた頃の話ですが、

レース好きなオイラも「それなりの夢」を持っていてレーサーに憧れを抱いていました。


実際問題としてはお金がかかり、一般人には到底かなう夢では無かったので、

韮崎(山梨県)に有ったサーキットでミニF1を楽しんだり、湯河原のマリブグランプリで

タイムアタックを楽しんだりしたものです。


それでも満足せずにFISCO(富士スピードウエイ)のサーキットライセンスを取り、

自分の車を持ち込み、タイヤが消しゴムの様に無くなっていくまで走ったっけ。(^^;

4点式バケットシートに包まれ、大口径ソレックスキャブがエアファンネルから奏でる

吸気音を響かせながら走る、完全自己陶酔な世界ではありましたが・・・。

    

整理していたら古いVHS-Cカセット時代のビデオカメラで撮影したマリブGPの

タイムアタック映像(お遊びョ!)が出てきたのでYoutubeにUPしてみました。

   


走行中のドライバー音声を入れたくて、無線マイクを付けて走ったのですが、

ピット付近までしか電波が届かず・・・
 失敗に終わりました・・・(´ヘ`;)

      トップページへ→
 http://home.k03.itscom.net/rarecs/