お気に入りだった愛車 セリカLB2000GT 

   お気に入りだった愛車 セリカLB2000GT































運転免許を取ってから2代目の愛車、それがトヨタ セリカLB2000GT。
当時、レース用にも使用されていた18R-GというDOHCエンジンや、
スタイリッシュなデザインへの憧れからゲットした車です。



ベースはノーマルのホワイト色の車両を購入。
当時はフェンダーミラーが標準だったので、取り外し、パテ埋めして
ドアミラーに変更。 ボディー色をホワイトからブルーメタリックに全塗装。
ワイドタイヤにアルミ、フロントスポイラーを装着。 
相模湖の近くのレースショップで一目惚れしたウイングを購入。



でも、ただでさえ重たいボディのLBは外観ばかりカッコ良くしても遅くなるだけ・・・。


         ( ̄-  ̄ ) ンー



信号グランプリに勝てる日を夢見て社会人2年目のσ(^^)は極貧生活を送りながらも
速さを追求し始めたのです。



最初はプラグやプラグコード交換、更にコイル交換等、電装系をいじり、
その後、電磁ポンプやCDI、軽量化などを重ね、0→400m加速も
少しづつ早くなっていくのです。 
(0→400mは計測器をダッシュボードに取り付けていました)


ただ、これらの改造は体感できるものではなく、自分の中ではストレス増大。


当時は246や16号(いずれも国道名)で、信号で停止すると、
必ずと言っていいほど、妙な駆け引きから信号グランプリが始まったもの。。。
並んだ日産スカイラインやマツダのロータリーエンジン車を
ぶっちぎりたい・・・。



   欲求を満たす為に、チューニングショップへ相談に。


エンジンをボアアップし、ハイコンプピストンを入れ、ソレックスの大口径
キャブレターをぶち込み、エアーファンネルで吸気もバッチリ。
軽量フライホイールを入れクラッチを強化。
強化サスに軽量アルミホイール、タコ足&ストレートマフラーで足回りや
排気系も完璧!


さあどうだ! ってなもんで近くの農道で計測。

 「グオーッ!」というソレックスの吸気音とマフラーから奏でる音の
 相乗効果?が 勝手に速さを想像させる。


   は、早い! (_□_;)!!


 ソレックスキャブのセッティングには一苦労しましたが、
 0→400mで約3秒短縮に成功!



    いや〜 嬉しい嬉しい。 \(^-^)/

 
L型改造エンジン車〜最新型のターボ車までをも、ミラー後方に追いやってしまう
興奮&快感は改造に100万もかけたからこそ。


但し、その後は、「車両代とチューニング代のダブルローン」が待っており、
ガソリン代が工面できずに出かけることが少なくなったのは言うまでも無い・・・。Y(>_<、)Y


      トップページへ→
 http://home.k03.itscom.net/rarecs/